元気!きれい☆通信
ふくち薬局 > 元気!きれい☆通信 > 高齢者の低栄養

高齢者の低栄養

ご自身や、ご両親など、あなたのまわりで

高齢になると”食が細くなってっきたなぁ~”と感じるている方多いと思います。

食事の栄養が不十分だと「低栄養」状態となり、

体力の低下、抵抗力の低下、病気になった時の回復力が低下していきます。

なぜ高齢になると”食が細く”なっていくのでしょう。

それは体内の消化酵素が不足してきて、

・空腹感を感じにくくなる

・消化器系の臓器の働きが弱まる

・消化に時間がかかる

結果、1日の食事量が減っていき、必要な栄養素や

ビタミン、ミネラル、食物繊維、水分などが不足するのです。

高齢者のお通じに問題のある方がふえているのもうなずけます。

以下の項目をチェックしてみてください。

①最近、病気で食べ物の種類や量が変わった

②1日1食だけとか、まったく食べないこともある、食が細くなった

③新鮮な果物や生野菜、発酵食品を食べる割合が少ない

④ビールや酒、ワイン等のアルコール類を毎日3杯以上飲む

⑤歯や口の中の具合が悪く、食べることが困難

⑥お金が心配で、食材を買い控えることがある

⑦一人で食事をすることが多い

⑧1日3種類以上の薬(化学薬品)を飲む

⑨意図せず、半年で体重が4~5キロ以上も変化した

⑩具合が悪くて、しばしば食事の支度が出来ない

※「はい」の答えが多い人は、低栄養のリスクが高いかもしれません。

当店では、体に負担をかけずに、消化吸収できる栄養剤

酵素やアミノ酸製剤がオススメです。

気になる方は一度ご相談くださいね。


 

 

 

 

ページトップ